カリブ、手術へ
カリブの右脇腹に1センチにも満たない小さなしこりの様なモノを見つけて、皮膚炎なのかな…?と、少し様子をみていました。
でも良くも悪くも変化が無いので一度ちゃんと診てもらうことに。
9日に針を刺して細胞診を。
結果が出て呼ばれ診察室に入ると、腫瘍の教本がババーンと開かれていて…
結果はまさかまさかの「肥満細胞腫」という悪性の腫瘍でした…。
ゴールデン(腫瘍の多発犬種)を飼うならと覚悟はしていたけれど、まさか3歳で癌になるとは思ってもいませんでした(T_T)
とにかく早く取ってしまわなければと、翌日の手術の予約を入れて帰って来ました。

細胞診で針を刺した所から血が止まらず、包帯ぐるぐる巻きに。それもまた肥満細胞腫の特徴なんだとか(T_T)

翌日は朝一で病院へ。
背中にも小さなニキビの様なモノが4つあって、これもなのかと気になっていましたが、それも1カ所細胞診をしてもらったら肥満細胞はみつからなかったそうです。
他のは小さすぎて検査できず。
午前中、エコーやレントゲンや血液検査などなど、転移があるかどうかなどの検査をしてからお昼休み時間に手術です。
いつもの様に、ルンルンで診察室に入って行って楽しそうなカリブをみて泣きそうになる。
カリブ、頑張るんだよ!
Posted by  セーママ
comment:0   trackback:0
[獣医さん
| HOME |