抜糸と新たな問題
カリブ君、予定通り抜糸へ~

↑行きの車の中で、いよいよ仕切りのフェンスが傾き…着いた頃にはバタンと倒れた~

スーちゃんがこんな風に乗っかるので…(笑)
所詮突っ張り棒は、大人になってきたスーにはダメみたい(^^;

カリブはお利口さんに抜糸完了しました~♪
だけど、新たな問題。ちょっと前に発見したカリブの左眼の異変。虹彩に黒い模様が…

瞬膜に隠れて目立たないけど、コレなんだろう…と心配だったので、相談して来ました。
よく診てもらった結果、虹彩嚢腫というんだそうで…
初めて聞いた病名で、「腫」って付いたので最初聞いた時はドキッとしちゃいましたが…
あまり悪いものではないみたいです。ゴールデンには多いそうです。
でもメラノーマの可能性も無くはない様で…。大きくなったりすれば注意が必要とのこと。
一難去ってまた一難?
手術をした反対側の脇腹には謎の傷もあるし…
ちょっとちょっとカリブく~ん! ママを心配させ過ぎじゃないのぉ~(T-T)?
でもひとまず大きな病と闘って、結果良い方に転がって、本当に良かったです。

心配してくれた皆様ありがとうございましたm(_ _)m

午後からは家の大掃除! やっと冬物しまい始めました~!
Posted by  セーママ
comment:2   trackback:0
[獣医さん
ストレス?
カリブ君!ペロペロしすぎー!!

点滴した所なのか、赤く、火傷みたいになっちゃって…
獣医さんへGO!
ちょうど、エリザベスカラーも欲しかったので。
(やっぱりファーちゃんのじゃ、ちょっと大きくて…)

とっても元気なんですけどね。
「ストレスでしょう」ってことでした。

エリカラを着けると一気にテンションダウン。
スネて切ない表情をします。もう少しだよカリブ!

先日、両親から青森産のトゲクリガニとホタテが届きましたー!カリブはクンクン興味津々、スージーはヒャーーーと飛んで行きました!(笑)
Posted by  セーママ
comment:2   trackback:0
[獣医さん
病理の結果
病理の結果が戻って来ました。
結果は…
肥満細胞腫 グレードI の、マージンクリア~!良かったぁ(T-T)
悪性の中でも悪性度は低く、腫瘍も根っこを残さず全部取り切れた、と言う状態です!
ただ悪性は悪性なので、今後の経過はよーーーく観察です。油断はできません。
そして、病理の結果の紙にはこんな事も書いてありました…
「グレードIの1500日生存率は83%」
17%は予後が悪かった、ってことです。このパーセンテージ、結構高く感じちゃいます。
再発も多い腫瘍なので(今回の場所ではなく別の場所に)、日々のスキンシップを大切に、できるだけ早く発見できるようにしなくっちゃ。

抜糸がまだ先なので、それまでお洋服を着せるのに薄手の袖ありTシャツを買いに行って来ました。

カリブって迷彩が似合う~♪
…ってあれ、カリブ君、ママにエリザベスカラーをつけられちゃいました。
留置針を入れた所なのか、舐め壊してしまって毛が無くなって真っ赤!

消毒にまけちゃったのか、何なのか、包帯巻いても長袖着てもどうしてもビチャビチャになるまでなめてるのでエリザベスの登場となりました…
ファーちゃんのお下がりなので、ちょっと大きいんだけど、カリブ我慢してねー!

もう一つ、待ってる検査があるのでまだちょっと不安です。
カリブの応援団↓と共に、頑張ろう!
Posted by  セーママ
comment:2   trackback:0
[獣医さん
手術後
10日の夕方、手術を終えたカリブをお迎えに。
診察室に入って来たカリブ、シッポがだらりと下がってかなり辛そうな様子。
「カリブー!」と声をかけたらちょっと尻尾振ってくれて…ホッ。
でも呼吸も早くてかなり痛そうです。
歩くだけでヒンヒン泣いて、時にはキャン!と叫んだり。
右足を動かすのが痛い様で、横になるのも一苦労。
この日の夜は、4本足で立ったままじっと動かず、ひたすら痛みに耐えていました。
元気が取り柄のカリブが、、こんなに辛そうなのを見るのは初めてです。心が痛い…

「兄ちゃん大丈夫?」 スージーも心配そうです。

手術から2日目の今日は、少し痛みが緩和されたのか、元気復活!100パーセントとは行かないけれど、50パーセントくらい?元気になって来ました!

ご自慢のお毛毛がごっそり刈られちゃった。
また伸ばそうね!
腫瘍自体は小さいけれど、マージンを広く取るので傷口もデカイです。どうか、腫瘍の根っこが残らずきれいに取れています様に…
検査結果諸々は、2週間程かかるので気が気ではありません。

カリブ、良く頑張ったね!えらかったね!!!
治ったら美味しいものいっぱい食べようね!!
Posted by  セーママ
comment:4   trackback:0
[獣医さん
カリブ、手術へ
カリブの右脇腹に1センチにも満たない小さなしこりの様なモノを見つけて、皮膚炎なのかな…?と、少し様子をみていました。
でも良くも悪くも変化が無いので一度ちゃんと診てもらうことに。
9日に針を刺して細胞診を。
結果が出て呼ばれ診察室に入ると、腫瘍の教本がババーンと開かれていて…
結果はまさかまさかの「肥満細胞腫」という悪性の腫瘍でした…。
ゴールデン(腫瘍の多発犬種)を飼うならと覚悟はしていたけれど、まさか3歳で癌になるとは思ってもいませんでした(T_T)
とにかく早く取ってしまわなければと、翌日の手術の予約を入れて帰って来ました。

細胞診で針を刺した所から血が止まらず、包帯ぐるぐる巻きに。それもまた肥満細胞腫の特徴なんだとか(T_T)

翌日は朝一で病院へ。
背中にも小さなニキビの様なモノが4つあって、これもなのかと気になっていましたが、それも1カ所細胞診をしてもらったら肥満細胞はみつからなかったそうです。
他のは小さすぎて検査できず。
午前中、エコーやレントゲンや血液検査などなど、転移があるかどうかなどの検査をしてからお昼休み時間に手術です。
いつもの様に、ルンルンで診察室に入って行って楽しそうなカリブをみて泣きそうになる。
カリブ、頑張るんだよ!
Posted by  セーママ
comment:0   trackback:0
[獣医さん
| HOME | next